マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

井上大仁は、マラソン、長距離選手でサブテンランナー

      2018/08/26

 井上大仁は、マラソン、長距離選手でサブテンランナーです。

 高校時代は地元では活躍をしていましたが全国的には無名の選手でした。
 実力をつけてきたのは青山学院大学に入学してから駅伝や5000m、10000mで実績を出してきました。
 それでもトップ選手ではなかったのでほとんど注目されることはありませんでした。

 東京マラソン2017で2時間8分22秒で日本人トップになり一躍注目されるようになりました。

 私個人的にも全くのノーマークでした。今後の活躍に期待したいです。


スポンサードリンク



プロフィール

ヨミ イノウエ ヒロト
生年月日 1993年1月6日
年齢
身長 165㎝
出身地 長崎県
出身校 鎮西学院高校
出身大学 山梨学院大学
所属 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)
 
自己記録
5000m 13:38:44 2014/07/06 ゴールデンゲームズinのべおか
10000m 28:12.96 2015/05/16 九州実業団陸上
ハーフマラソン 1:01:39 2014/02/02 香川丸亀国際ハーフ
マラソン 2:06:54 2018/02/25 東京マラソン

 

来歴、成績

年齢 記録
2012/01/02 18歳 第88回箱根駅伝 1区(21.4㎞) 1:03:13 区間10位
2013/01/02 19歳 第89回箱根駅伝 3区(21.5㎞) 1:06:40 区間7位
2014/01/02 20歳 第90回箱根駅伝 5区(23.4㎞) 1:21:11 区間8位
2区エリック・オムワンバが途中棄権した為に参考記録
2014/11/03 21歳 第45回全日本大学駅伝 2区13.2㎞ 区間1位
この時は大迫傑、山中秀仁と3人が区間賞(同タイム)だった。他に服部勇馬、神野大地、市田宏も走っている。
2015/01/02 21歳 第91回箱根駅伝 3区(21.4㎞) 1:02:56 区間3位
2015/04/01 21歳 三菱日立パワーシステムズ入社

 

ニューイヤー駅伝

日付 年齢 記録 チーム
総合順位
2016/1/1 22歳 第60回 4区(22.0㎞) 1:03:15 区間3位 11位
2016/1/1 23歳 第53回九州実業団毎日駅伝 3区(13.0㎞)0:37:04 区間賞
村山謙太、今井正人らと争っている。
1位
2017/1/1 23歳 第61回 4区(22.0㎞) 1:03:14 区間3位 4位
2018/1/1 24歳 第62回 4区(22.4㎞) 1:04:53 区間2位 8位

 

マラソン成績

※太字はサブテン サブテン回数:2回 ★自己記録
DNF:途中棄権 DNS:欠場 DSQ:失格

日付 記録 マラソン大会名 順位  備考
2016/03/06 2:12:56 びわ湖毎日マラソン 9位 初マラソン
2017/02/26 2:08:22 東京マラソン 8位 日本人トップ
2017/08/06 2:16:54 世界陸上ロンドン大会 26位  
2018/02/25 2:06:54 東京マラソン 5位  
2018/08/25 2:18:22 アジア大会ジャカルタ 優勝 32年ぶり金メダル

 

感想

2017年2月26日東京マラソン

 日本人は1㎞3分のペースでペースメーカーを設定していた。
しかし、設楽啓太が飛び出しそれについっていった。

 10㎞過ぎから設楽啓太に差を広げられ25㎞付近までは1分以上も差を広げられた。

 その後、設楽啓太のペースが落ち徐々に差を縮めて38㎞付近で追いつき、設楽啓太が追ってこれずそのまま日本人トップでゴールした。

 

2018年2月25日東京マラソン

 最初からトップ集団の中にいて、アジア勢と戦うという積極的なレースを最後まで見せてくれました。
 35㎞前からアジア勢がペースを上げ、引き離されだした。37㎞以降設楽悠太が元気を織戻し38.3㎞で抜かれてしまう。

 設楽悠太は、その後2位まで行き、井上大仁も2時間6分台でゴールした。

 井上大仁が、レース収容後インタビューで「悔しいです。設楽悠太選手はゴールした時に倒れた。私はまだ余裕があった。この違いが結果に出た。」といった言葉にすごい納得しました。

 設楽悠太は、力を出し切ったんでうね。井上大は、まだ出し切ってなかった。それが悔しかったんですね。このことはすべての人に言えることだと思います。

井上大仁がこのことを忘れない限り、期待ができます。


スポンサードリンク



 - マラソン選手, サブテン, 現役選手