マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

1904年セントルイスオリンピック マラソンの結果

   

オリンピック男子マラソン歴代(メダリスト)と日本人選手の記録
オリンピック女子マラソン歴代(メダリスト)と日本人選手の記録

1904年セントルイスオリンピック マラソンの結果

1904/8/30 距離:40㎞
男子
順位 タイム 名前 所属
1 3:28:53 Thomas Hicks
トーマス・ヒックス
アメリカ
2 3:34:52 Albert Corey
アルベール・コレー
アメリカ
3 3:47:33 Arthur Newton
アーサー・ニュートン
アメリカ
4 不明 Andarin Carvajal キューバ
5 不明 Dimitrios Veloulis ギリシャ
6 不明 David Kneeland アメリカ
7 不明 Henry Brawley アメリカ
8 不明 Sidney Hatch アメリカ
9 不明 Len Tau 南アフリカ
10 不明 Christos Zechouritis ギリシャ
11 不明 Harry Devlin アメリカ
12 不明 Jan Mashiani 南アフリカ
13 不明 John Furla アメリカ
14 不明 Andrew Oikonomou ギリシャ
DNF Edward P. Carr アメリカ
DNF Georgios Drosos ギリシャ
DNF Robert Fowler アメリカ
DNF John Foy アメリカ
DNF William Garcia アメリカ
DNF Kharilaos Giannakas ギリシャ
DNF Bertie Harris 南アフリカ
DNF Thomas J. Kennedy アメリカ
DNF John Lordon アメリカ
DNF Ioannis Loungitsas ギリシャ
DNF Georgios Louridas ギリシャ
DNF Samuel Mellor アメリカ
DNF Frank Pierce アメリカ
DNF Petros Pipiles ギリシャ
DNF Guy Porter アメリカ
DNF Michael Spring アメリカ
DNF Georgios Vamkaitis ギリシャ
DSQ Frederick Lorz アメリカ


スポンサードリンク



エピソード

 レースは早朝に開始する予定だったのが主催者の間違いで午後に代わりました。気温は32℃にも達しました。しかも給水場は19㎞すぎに一か所あるのみでした。

 最初にゴールしたのはアメリカのFrederick Lorzだったが15km付近で体調が悪くなり自転車に乗り30㎞に自転車が壊れ再び走りゴールした。初めは優勝者として扱われたが、そのことが判明して失格となりました。

 優勝したのはアメリカのトーマス・ヒックスでしたが、彼は後半、何度も神経を刺激する薬を投与されゴール寸前には歩くこともできないほどふらふらになっていました。それで関係者に抱えながらゴールしました。それでも当時は禁止されてなかったので今でも公式の優勝者とされています。

 4位のAndarin Carvajalはキューバで名の知れた陸上選手だったが、マラソンを走った経験がなく、個人で街頭でお金を集めたり周囲の人を説得してセントルイスに向かった。しかしニューオリンズに到着した時にお金を取られてしまいヒッチハイクをして競技場につきました。彼は40時間も何も食べていなかったのでレース途中でリンゴの木を見つけまだ実ってない青いリンゴを2個食べたが腹痛を起こしてい待った。それでも何とか4位でゴールしました。

 途中棄権のアメリカのWilliam Garciaはコース途中で倒れているのが発見され病院で意識を取り戻しました。

感想

 初期のマラソンは、足が地についていればなんでもありだったんですね。
 オリンピックでのマラソンは当時から今も過酷なレースですね。マラソンは冬季オリンピックに変更したらどうなんでしょう。


スポンサードリンク



 - オリンピック