マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

1956年メルボルンオリンピック マラソンの結果

   

オリンピック男子マラソン歴代(メダリスト)と日本人選手の記録
オリンピック女子マラソン歴代(メダリスト)と日本人選手の記録

1956年メルボルンオリンピック マラソンの結果

1956/12/1
男子
順位 タイム 名前 所属
1 2:25:00 Alain Mimoun
アラン・ムミン
フランス
2 2:26:32 Franjo Mihalic
フランジョ・ミアリック
ユーゴスラビア
3 2:27:47 Veikko Karvonen
ヴェイッコ・カルボネン
フィンランド
4 2:28:45 Lee Chang-Hoon 韓国
5 2:29:19 川島義明 日本
6 2:29:34 Emil Zatopek
エミー・ザトペック
チェコスロバキア
7 2:30:37 Ivan Filin ソ連
8 2:31:12 Evert Nyberg スウェーデン
9 2:33:33 Thomas Nilsson スウェーデン
10 2:36:10 Eino Oksanen フィンランド
11 2:36:21 Arnold Vaide スウェーデン
12 2:36:53 Choi Chunk-Sik 韓国
13 2:38:59 Paavo Kotila フィンランド
14 2:39:48 Mercer Davies 南アフリカ
15 2:39:55 Harry Hicks イギリス
16 2:40:53 濱村秀雄 日本
17 2:41:34 Albert Richards ニュージーランド
18 2:41:44 John Russell オーストラリア
19 2:42:10 Lothar Beckert アラブ首長国連邦
20 2:42:20 Nick Costes アメリカ
21 2:43:40 Johnny Kelley アメリカ
22 2:44:33 Muhamad Havlidar Aslam パキスタン
23 2:46:20 Adolf Gruber オーストリア
24 2:47:18 Aurele Vandendriessche ベルギー
25 2:48:12 Keith Ollerenshaw オーストラリア
26 2:49:32 Myitung Naw ビルマ
27 2:52:05 Pavel Kantorek チェコスロバキア
28 2:52:14 Kurt Hartung アラブ首長国連邦
29 2:53:37 Bashay Feleke エチオピア
30 2:57:47 Abdul Rashid パキスタン
31 2:58:42 Kanuti Sum ケニア
32 2:58:49 Gebre Birkay エチオピア
33 3:04:17 広島庫夫 日本
DNF Giuseppe Lavelli イタリア
DNF Jan Barnard 南アフリカ
DNF Ron Clark イギリス
DNF Eduardo Fontecilla チリ
DNF Ali Baghbanbashi イラン
DNF Boris Grishayev ソ連
DNF Les Perry オーストラリア
DNF Juan Silva チリ
DNF Albert Ivanov ソ連
DNF Klaus Porbadnik アラブ首長国連邦
DNF Fred Norris イギリス
DNF Im Hwa-dong 韓国
DNF Dean Thackwray アメリカ


スポンサードリンク



エピソード

 川島義明は、日本大学の2年生で5月に行われた第11回毎日マラソンで広島(旭化成)ら実力派選手らが脱落するなかで伏兵だった彼が優勝しメルボルンオリンピック代表に決まった。

 レースは、1952年金メダルのエミー・ザトペックが出場したが不調だったため6位に終わった。
 優勝したアラン・ムミンは最大のライバル・エミー・ザトペックに過去3回も負けていた。

オリンピックデータ

期間 11月22日~12月8日
開催国 オーストラリア
参加国数 72ヵ国
アスリート 3314人
競技数 151

南半球での初めての開催となりオリンピック史上最も遅い時期に開催された。
 国際情勢によりボイコットした国が相次いだ。


スポンサードリンク



 - オリンピック