マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

ゴールドコーストマラソン2015の招待選手!結果。川内優輝選手も参加

      2017/12/14

第37回ゴールドコーストマラソンが7月4、5日に開催されます。

フルマラソンは5日です。 川内優輝選手は、今年で4回連続の出場になります。

2013年には大会記録で優勝しています。 ゴールドコーストマラソンは、定員数を決めてないのでぎりぎりまで申し込みができます。

優勝すれば賞金がAU$で20,000ドルでます。

2位が8,000ドル、3位が5,000ドル、4位が2,500ドル、5位が1,000ドルです。

他にもタイムボーナスがでます。

川内優輝選手は、各地のマラソン大会に出場していますが、記録的にはあまりいい結果がでていません。

最近では、2時間10分を切るくらいでは大きな大会には出場できません。

2時間6分台をだすようなレースを見せてもらいたいです。


スポンサードリンク



ゴールドコーストマラソン2015の招待選手

男子

Silah Limo ケニア 自己記録 2:09:14

Yuki Kawauchi 日本 自己記録 2:08:14 J

effrey Eggleston アメリカ 自己記録 2:10:52

Berhanu Shiferaw Tolcha エチオピア 自己記録 2:04:48

Albert Matebor ケニア 自己記録 2:05:25

Kenneth Mungara ケニア 自己記録 2:07:36

Evans Ruto ケニア 自己記録 2:07:49

Ryo Yamamoto 日本 自己記録 2:08:44

Samuel Woldeamanuel エチオピア 自己記録 2:08:45

Dominic Kimwetich ケニア 自己記録 2:09:36

Tewelde Estifanos Hidru エチオピア 自己記録 2:10:18

Jeffrey Hunt オーストラリア 自己記録 2:11:00

Alphonce Felix Simbu タンザニア 初マラソン ハーフマラソン:1:02:21

女子

Olena Shurkhno ウクライナ 自己記録 2:23:32

Makda Harun Haji エチオピア 自己記録 2:26:46

Risa Takenaka 日本 自己記録 2:28:09

Keiko Nogam 日本 自己記録 2:28:19

 

オーストラリアは、今からがマラソンシーズンです。

優勝賞金のわりには、有力選手の参加がすくないような気がします。

ゴールドコーストマラソンは、過去の大会で日本人選手も何回も優勝しています。

結果

男子

01位 2:08:42 Kenneth Mburu Mungara
(ケニア)
02位 2:08:54 Silah Kipkemboi Limo(ケニア)
03位 2:08:55 Evans Kipkogei Ruto(ケニア)
04位 2:09:33 Tewelde Hidru(エリトリア)
05位 2:115:51 Dominic Kangor Kimwetich(ケニア)
06位 2:12:01 Alphonce Felix Simbu(タンザニア)
07位 2:15:19 辻 茂樹(大塚製薬)
08位 2:16:23 川内優輝(埼玉県庁)
09位 2:16:40 山本 亮(佐川急便)
10位 2:17:56 Samuel Woldeamanuel(エチオピア)

女子

01位 2:28:25 竹中理沙(資生堂)
02位 2:29:34 野上恵子(十八銀行)
03位 2:33:43 上谷田愛美(日立)
04位 2:37:13 清水祥子(愛知電機)
05位 2:37:37 橋本富美子(しまむら)
06位 2:45:58 Victoria Beck(ニュージーランド)
07位 2:52:20 Kelly Parlane(ニュージーランド)
08位 2:55:10 Ruth Wilson
09位 2:55:52 石本里緒奈(ノーリツ)
10位 2:56:16 菅谷里恵(十八銀行)


スポンサードリンク



 - マラソン大会 結果