マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

第15回世界陸上(2015年北京)のマラソン日本代表選手

   

第15回世界陸上は、中国・北京で8月22日から30日で開催されます。

マラソンは、男子が22日7:35(現地時間)スタートです。
女子は30日7:30(現地時間)スタートの予定です。

北京と日本の時差が1時間なので日本時間では、
男子マラソン:8月22日8:35
女子マラソン:8月30日8:30
になります。


スポンサードリンク



男子

今井正人

年齢 31歳
所属 トヨタ自動車九州
自己ベスト:2時間07分39秒 2015年 東京マラソン

今井正人選手は、大学時代、箱根駅伝の5区で記録を大幅に塗り替えて「山の神」と言われました。
社会人になって、マラソンを始めましたが、思うような結果が出せずにいました。
本人も、いつまでも山の神と言われるのが嫌だったようです。

2014年2月2日別府大分毎日マラソンで2時間09分30秒の初めてのサブテンを達成して2位でゴール。
2015年2月22日東京マラソンで2時間07分39秒をだして日本人トップでゴールして世界陸上日本代表を獲得しました。2時間7分台をだしたのは、2012年の東京マラソンでだした藤原新選手から3年ぶりです。

世界にはまだまだ太刀打ちできませんが、8位入賞できるか見ものです。

前田和浩

年齢 34歳
所属 九電工
自己ベスト:2時間08分00秒 2013年 東京マラソン

前田和浩選手は、2015年びわ湖毎日マラソンで2時間11分46秒で4位、日本人トップでゴールしました。

タイム的には良くありませんが、優勝した選手のタイムも2時間09分08秒ということで雨が降っていて条件的に厳しかったということで、世界陸上代表にえらばれました。

前田和浩選手は、世界大会に何度も選ばれている安定した走りが強みです。

藤原正和

年齢 34歳
所属 Honda
自己ベスト:2時間08分12秒 2003年 びわ湖毎日マラソン

藤原正和選手は、2014年福岡国際マラソンで4位、日本人トップの2時間09分06秒でゴールして世界陸上代表にえらばれました。

藤原正和選手が自己ベストを出したのは大学生の時で初マラソンです。国内学生記録です。
それからはあまり良い記録がでてなかったですが、2年ほどまえから上位にくいこんでくるようになってきました。

女子

前田彩里

年齢 23歳
所属 ダイハツ
自己ベスト:2時間22分48秒 2015年 名古屋ウィメンズマラソン

前田彩里選手は、学生のときから注目されていた選手で、2015年の名古屋ウィメンズマラソンは2回目のマラソンで2時間22分48秒をだし日本人トップになりました。

2時間22分台以内をだしたのは、野口みずき選手が日本記録をだしてから10年ぶりになります。
これで、世界陸上代表を決定づけました。

伊藤舞

年齢 31歳
所属 大塚製薬
自己ベスト:2時間24分42秒 2015年 名古屋ウィンメンズマラソン

伊藤舞選手は、2015年の名古屋ウィンメンズマラソンで自己ベストになる2時間24分42秒で日本人2位でゴールしました。世界陸上代表に選ばれたのは、タイム的に他の選手よりすぐれていたことと2014年の東京マラソンでも日本人トップでゴールするなど安定した走りを見せています。

重友梨佐

年齢 27歳
所属 天満屋
自己ベスト:2時間23分23秒 2012年 大阪国際女子マラソン

重友梨佐選手は、2015年大阪国際女子マラソンで2時間26分39秒の3位、日本人トップでゴールしています。
世界陸上代表に選ばれるときに記録があまりよくないということで、いろいろ言われようですが、選考レースで日本人トップになっています。
タイムだけをみると男子マラソンの前田和浩選手にも言えることです。マラソンはタイムだけではなく総合的に見る必要があります。

重友梨佐選手には、選んでよかったと言われるようなレースを期待したいと思います。


スポンサードリンク



 - 未分類