マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

東京マラソン2016招待選手や優勝賞金

   

毎年注目される東京マラソン2016の招待選手や優勝賞金、エリート選手などが発表されました。

リオ五輪の選考レースとなっているレースでもあり第10回目となる節目の大会でもあります。

優勝賞金も昨年の800万円から今年は1,100万円に上がっています。

外国招待選手には一昨年2時間3分台を出したエマニュエル・ムタイ選手や昨年3位のディクソン・チュンバイ選手などがおり高速レースを期待したいと思います。


スポンサードリンク



外国招待選手(男子)

エマニュエル・ムタイ(ケニア)
自己記録 2:03:13 2014年ベルリン

ディクソン・チュンバ(ケニア)
自己記録 2:04:32 2014年シカゴ

フェィサ・リレサ(エチオピア)
自己記録 2:04:52 2012年シカゴ

アベル・キルイ(ケニア)
自己記録 2:05:04 2009年ロッテルダム

エリウド・キプタヌイ(ケニア)
自己記録 2:05:21 2015年ベルリン

バーナード・キピエゴ
自己記録 2:06:19 2015年アムステルダム

スティーブン・キプロティチ(ウガンダ)
自己記録 2:06:33 2015年東京

サムエル・ドゥング(ケニア9
自己記録 2:07:04 2012年びわ湖

ハビエル・ゲラ(スペイン)
自己記録 2:09:33 2015年ロンドン

テクレアマリム・メディン
自己記録 1:01:47 2014年リスボンハーフ

国内招待選手(男子)

今井正人(トヨタ自動車九州)
自己記録 2:07:39 2015年東京

藤原新(ミキハウス)
自己記録 2:07:48 2012年東京

村松康平(三菱日立パワーシステムズ長崎)
自己記録 2:08:09 2014年東京

佐野広明(Honda)
自己記録 2:09:12 2015年東京

五ケ谷宏治(JR東日本)
自己記録 2:09:21 2015年東京

出岐雄大(中国電力)
自己記録 2:11:14 2015年東京

宇賀地強(コニカミノルタ)
自己記録 2:10:50 2014年福岡国際

山本浩之(コニカミノルタ)
自己記録 2:11:48 2015年別府大分毎日

村山謙太(旭化成)
自己記録 1:00:50 2014年香川丸亀ハーフ

外国招待選手(女子)

エドナ・キオウラガト(ケニア)
自己記録 2:19:50 2012年ロンドン

アベル・ケベデ(エチオピア)
自己記録 2:20:30 2012年ベルリン

シュレ・デミセ
自己記録 2:20:59 2015年ドバイ

ベルハネ・ディババ(エチオピア)
自己記録 2:22:30 2014年東京

アマネ・ゴベナ(エチオピア)
自己記録 2:23:29 2015年パリ

アシェテ・ディド(エチポイア)
自己記録 2:24:03 2015年東京

マヤ・ノイエンシュワンダー(スイス)
自己記録 2:26:49 2015年ベルリン

イザベラ・アンデション(スウェーデン)
自己記録 2:23:41 2011年ドバイ

東京マラソン2016の賞金

優勝 1,100万円
2位  400万円
3位  200万円
4位  100万円
5位   75万円
6位   50万円
7位   40万円
8位   30万円
9位   20万円
10位   10万円

世界記録 3,000万円
日本記録  500万円
ゲームレコード 300万円

賞金金額は世界でもトップクラスです。

注目選手

エマニュエル・ムタイ選手は2014年ベルリンで自己記録をだし、世界歴代2位のタイムを出しました。

マラソンも今までに18回走っていますが、これだけの記録をだす選手でも優勝は2回しかありません。

過去の成績をみても浮き沈みが激しいようです。
といっても10分はほとんど切っています。

エリウド・キプタヌイは2010年の福岡国際マラソンのペースメーカーを務めた選手と言えば思い出す人もいるかもしれません。
競技人生は長いですが、年齢も26歳と若く2015年に自己記録だして調子が上がってる選手です。

フェイサ・リレサは2009年初マラソン初優勝をし翌年の1月には厦門国際マラソンで優勝しています。その年の4月には2時間6分を切った最年少記録を2010年にだしました。

自己記録は2012年ですが、2015年9月には2時間6分代をだし、しかも年齢が26歳と若いです。

スティーブン・キプロティチは昨年の東京マラソンだ第2位になっています。
何かやりそうな感じがします。

日本人選手では

今井正人選手はは、昨年と同様な走りができるか注目したいです。

藤原新選手は、市民マラソンに参加してフォームのチェックをしていたようですが、だいぶコツがつかめて調子が上がっているようです。
高速レースになった時にどれだけスピードに乗れるかがカギだと思います。

佐野広明選手、五ケ谷宏司選手、出岐雄大選手は自己記録がだせるか注目したいです。

宇賀地強選手は10分を切れるか。

山本浩之選手は、どれだけねばれるかにかかってします。
ねばれることができれば日本人トップも可能だと思っていま。

村山謙太選手は、初マラソンでできれば初マラソン記録をだしてほしいですね。
現在の日本人初マラソン記録は藤原正和選手の2時間8分12秒です。

その他は東洋大学の服部勇馬、青山大学の一色恭志、小椋裕介、下田裕太3選手にも注目したいです。


スポンサードリンク



 - 東京マラソン