マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

第71回福岡国際マラソンの招待選手と注目選手

      2018/11/23

第71回福岡国際マラソンが2017年12月3日開催します。

第71回福岡国際マラソンはジャカルタ2018アジア競技大会の日本代表選考大会でもありマラソングランドチャンピオンシップシリーズの大会でもあります。

マラソングランドチャンピオンシップシリーズは、2020年東京オリンピックのマラソン選考レース(MGC)に参加できるレースのことです。

第71回福岡国際マラソンで最大6名が「MGC」に出場することができます。

日本人上位6名が全員2時間10分以内で6名出場資格が得られます。

もし、2時間10分以内の選手が10名出ても上位6名しか参加資格は得られません。

もし、日本人上位が3人が2時間11分以内であれば3人が出場資格を得ることが出せきます。

もしすでに参加資格を得た選手がいればその選手は順位に含みません。

第71回福岡国際マラソンの招待選手は海外招待選手8名、国内招待選手8名の計16名が招待選手として出場する予定です。

このうち日本人選手は6名です。

マラソングランドチャンピオンシップシリーズの大会ということで一般参加にも注目さている選手がそろっています。

今年の第71回福岡国際マラソンは見ごたえがありそうですね。


スポンサードリンク



招待選手

外国人招待選手

イエマネ・ツェガエ(エチオピア)

年齢 32歳 / 身長 168㎝
自己記録 2:04:48 2012年ロッテルダムマラソン

スティーブン・キプロティク(ウガンダ)

年齢 28歳 / 身長 172㎝
自己記録 2:06:33 20015年東京マラソン

ラニ・ルット(ケニア)

年齢 28歳 / 身長 180㎝
自己記録 2:06:34 2015年フランクフルトマラソン

アマヌエル・メセル(エリトリア)

年齢 26歳 / 身長 175㎝
自己記録 2:08:17 2013年バレンシアマラソン

ソンドレノールスタッド・モーエン(ノルウェー)

年齢 26歳 / 身長 180㎝
自己記録 2:10:07 2017年ハノーバーマラソン

パウロ・パウラ(ブラジル)

年齢 38歳 / 身長 180㎝
自己記録 2:10:23 2012年パドバマラソン

ジェイク・ロバートソン(ニュージーランド)

年齢 28歳 / 身長 188㎝
自己記録 1:00:01 2017年リスボンハーフ

テクレマリアム・メディン(エリトリア)

年齢 28歳 / 身長 184㎝
自己記録 1:01:47 2014年リスボンハーフ

国内招待選手

ビダン・カロキ(DeNA/ケニア)

年齢 27歳 / 身長 170㎝
自己記録 2:07:41 2017年ロンドンマラソン

佐々木悟(旭化成)

年齢 32歳 / 身長 171㎝
自己記録 2:08:56 2015年福岡国際マラソン

川内優輝(埼玉県庁)

年齢 30歳 / 身長 175㎝
自己記録 2:08:14 2013年ソウル国際マラソン

メラク・アベラ(黒崎播磨/エチオピア)

年齢 23歳 / 身長 174㎝
自己記録 2:09:27 2016年別府大分毎日マラソン

深津卓也(旭化成)

年齢 30歳 / 身長 168㎝
自己記録 2:09:31 2016年びわ湖毎日マラソン

丸山文裕(旭化成)

年齢 27歳 / 身長 163㎝
自己記録 2:09:39 2016年びわ湖毎日マラソン

大迫 傑(Nike ORPJT)

年齢 26歳 / 身長 170㎝
自国記録 2:10:28 2017年ボストンマラソン
※ボストンマラソンは非公認の為、日本、国際陸連とも記録には載っていません。

園田 隼(黒崎播磨)

年齢 28歳 / 身長 165㎝
自己記録 2:10:40 2016年福岡国際マラソン

Aグループ

[table id=40 /]

注目選手

第71回福岡マラソンの注目選手は、大迫傑とAグループで出場する設楽啓太と神野大地です。

二人とも初マラソンながら誰もが注目し期待している選手です。

また、このレースには佐藤悠基も出場します。

佐藤悠基は、第71回福岡国際マラソンで5回目のマラソンになります。
まだサブテンを達成していませんが、回を重ねるごとに自己記録をだしています。

東日本実業団駅伝では、もう一つ調子が上がっているように感じませんでしたが、今度こそは、サブテンどころか日本記録に迫る走りを見せてほしいですね。

日本人選手は、サブテンを達成する実力のある選手がそろっています。

2020年東京オリンピックのマラソン選考レース(MGC)には6人出てほしいですね。

レース全体では、当然外国人招待選手がトップグループに出ると思いますが、国内招待選手のビタン・カロキ選手は2時間5分を切るようなレースが期待でます。

JFCスチールのチャールズ・ディランゴ選手はハーフマラソン1:00:18の記録を持っています。

後半までトップ集団についていければいい記録が期待できます。


スポンサードリンク



 - 福岡国際マラソン