マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

マラソンの健康、効果

      2015/06/15

マラソンはなぜこんなにブームになっているんでしょうか。それはさまざまな効果があるからです。市民マラソンに参加するのによく聞くのが完走する達成感と周りの人の見る目まで違っているような気ががするということです。それ以外にもたくさんの効果があります。

ダイエット効果

ジョギングなどゆっくり走ることで有酸素運動になり脂肪を効果的に燃焼することができます。血流がよくなり老廃物の排出、心肺機能の向上も期待できます。無理をせずに自分のペースではすることで気力も付き基礎代謝があがります。すると太りにくい体質に変わってきます。

 ランニングで使うエネルギーは体重(kg)×距離(㎞)=消費カロリーで、体重60㎏の人がフルマラソンを走ると2531㎉消費したことになります。1㎏体重を少なくするためには7200㎉が必要といわれていますので約352g体重が少なくなる計算です。毎日の練習で10㎞走ると1ヶ月で約2.5㎏体重が少なくなります。しかも、最低ランニングシューズがあれば始めれるので費用も少なくてすみます。

リフレッシュ効果

 ジョギングやマラソンを始めて気持ちが積極的になったと良く聞きます。始める前は祭りや都会など人が大勢いるところは苦手だったのがマラソンを始めてからは平気になったと聞きます。フルマラソンを完走したときの達成感はなんともいえない気持ち良さがあります。

マラソンの怪我やトラブル

 マラソンはメイリッとも大きいですが、トップランナーでもゴール後に倒れたりフラフラになったりするハードなスポーツでもあります。それだけに練習中の膝や足首を痛める人も多いのが現実です。これを予防するには、無理をしないことです。初めの内は疲労感があまりないので頑張ってしまいがちですが、ここでグッと我慢してペースを落とすことが大事です。
・脱水症状
 次に気をつけないといけないことは脱水症状です。とくに夏場に起こりがちです。こまめな水分補給を心がけ決して無理をしまいようにしましょう。


スポンサードリンク



 - マラソン知識