マラソン大会や日程などの情報サイト

マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

*

瀬古利彦、陸上指導者、サブテンランナー

      2017/12/17

 瀬古利彦氏は、陸上指導者で元マラソン選手、サブテンランナーです。
駅伝やマラソンの放送があるとき必ずと言っていいほど瀬古利彦さんの走ってる姿が出ます。
そのことから瀬古利彦氏が若い時にどれだけすごい選手だったかが伺えます。

マラソンの解説では、どの解説者より面白いと思います。
マラソンの成績を見ても10回も優勝しているので勝負強さがあったんですね。

 瀬古利彦氏の現役時代は宗兄弟や中山竹通らがいて日本のマラソン全盛期でした。
 昔は、日本人は米を食べるので持久力があるのでマラソンに強いと言われていた時もありました。

 昔のマラソン選手の多くは、マラソンを走っている回数が多いです。
最近のマラソン選手は昔に比べてマラソンの回数が少ないのでないでしょうか

 瀬古利彦氏らのマラソンの指導者が、今のマラソンの低迷をどうにかできなものでしょうか。

 

プロフィール

ヨミ セコ トシヒコ
生年月日 1956年4月15日
年齢
出身地 三重県桑名市
出身校 四日市工業高校
出身大学 南カリフォルニア大学→早稲田大学
所属(現役時) ヱスビー食品
 
自己記録
5000m 13:24.29 1985年  
10000m 27:42.17 1986年  
マラソン 2:08:27 1986/10/26 シカゴマラソン

 

来歴、成績

1972/12/24 16歳 第23回全国高校駅伝 1区 31:38 区間10位
1973/12/23 17歳 第24回全国高校駅伝 1区 29:24 区間1位
1974/12/22 18歳 第25回全国高校駅伝 1区 30:46 区間4位
1976/4/1   早稲田大学入学
1977/1/2 20歳 第53回箱根駅伝 2区(25.2㎞) 1:16:58 区間11位
1978/1/2 21歳 第54回箱根駅伝 2区(25.2㎞) 1:13:54 区間2位
1979/1/2 22歳 第55回箱根駅伝 2区(24.4㎞) 1:12:18 区間1位 区間新
1980/1/2 23歳 第56回箱根駅伝 2区(22.7㎞) 1:11:37 区間1位 区間新
     
1988/12/18  32歳 現役引退、ヱスビー食品監督
1990/4/1  33歳 早稲田大学競走部コーチ兼任
2006/3/31  49歳 ヱスビー食品監督退任
     
2013/4/1  56歳 DeNAランニングクラブ総監督
     
2016/11/2 60歳 長距離・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーに就任

 

全日本実業団駅伝

開催日 年齢 記録 チーム
総合順位
1984/12/16   第29回 6区(23.2㎞) 1:08:30 区間1位 区間新 1位
1986/12/21   第31回 5区(17.7㎞) 0:51:15 区間1位 1位

※ヱスビー食品は、29回大会に突如現れそれから4連勝しています。瀬古選手はなぜか2回しか出場していません。

マラソン成績

※太字はサブテン サブテン回数:5回 ★自己記録
DNF:途中棄権 DNS:欠場 DSQ:失格

日付 記録 大会名 順位
1977/2/13 2:26:00 京都マラソン 10位
1977/12/4 2:15:01 福岡国際マラソン 5位
1978/12/3 2:10:21 福岡国際マラソン 優勝
1979/4/16 2:10:12 ボストンマラソン 2位
1979/12/2 2:10:35 福岡国際マラソン 優勝
1980/12/7 2:09:45 福岡国際マラソン 優勝
1981/4/20 2:09:26 ボストンマラソン 優勝
1983/2/13 2:08:38 東京国際マラソン 優勝
1983/12/4 2:08:52 福岡国際マラソン 優勝
1984/8/12 2:14:13 ロサンゼルスオリンピック 14位
1986/4/20 2:10:02 ロンドンマラソン 優勝
1986/10/26 ★2:08:27 シカゴマラソン 優勝
1987/4/20 2:11:50 ボストンマラソン 優勝
1988/3/13 2:12:41 びわ湖毎日マラソン 優勝
1988/10/2 2:13:41 ソウルオリンピック 9位

 


スポンサードリンク



 - マラソン選手, サブテン