マラソン大会のエントリーや参加資格、コース地図などの情報満載!日本全国や世界でも大人気になっています。

マラソン大会や日程などの情報サイト

サブテン マラソン選手 現役選手

設楽悠太はマラソン、長距離選手でサブテンランナー

更新日:

 設楽悠太は、設楽啓太と双子で弟です。

注目されるようになったのは大学に入ってからで駅伝や5000m、10000mで実力を発揮しています。

特に駅伝にはめっぽう強く大学駅伝や実業団に入ってからのニューイヤー駅伝の活躍はすぎものがあります。


スポンサードリンク



プロフィール

ヨミ シタラ ユウタ
生年月日 1991年12月18日
年齢
身長 170㎝
出身地 埼玉県大里郡寄居町
出身校 武蔵越生高等学校
出身大学 東洋大学
所属 Honda
 
自己記録
5000m 13:44.13 2014/ ナイトオブアスレチック
10000m 27:42.71 2015/05/09 ゴールデンゲームズInのべおか
ハーフマラソン 1:00:17 2017/09/16 ウスティナドラベム(チェコ)
マラソン 2:06:11 2018/02/25 東京マラソン ※日本最高記録(当時)

 

来歴、成績

年齢 記録
2010/10/11 18歳 第22回出雲駅伝 2区(5.8㎞)16:55 区間賞
2010/11/7 18歳 第42回全日本大学駅伝 5区(11.6㎞) 33:56 区間2位
2011/1/2 19歳 第87回箱根駅伝 3区(21.25㎞) 1:04:00 区間8位
2011/10/10 19歳 第23回出雲駅伝 2区(7.9㎞)23:08 区間賞
2012/1/3 20歳 第88回箱根駅伝 7区(21.3㎞)1:02:32 区間新記録
2013/1/2 21歳 第89回箱根駅伝 3区(21.5㎞)1:01:36 区間賞
2014/1/2 22歳 第90回箱根駅伝 3区(21.25㎞)1:02:13 区間賞

 

ニューイヤー駅伝

日付 年齢 記録 チーム
総合順位
2015/1/1 23歳 第59回 4区(22.0㎞) 1:02:47 区間賞 4位
2016/1/1 24歳 第60回 4区(22.0㎞) 1:02:45 区間賞 4位
2017/1/1 25歳 第61回 4区(22.0㎞) 1:04:36 区間13位 11位
2018/1/1 26歳 第62回 4区(22.4㎞) 1:04:19 区間1位 2位
2020/1/1 28歳 第64回 4区(22.4㎞) 1:04:36 区間3位 3位

 

マラソン成績

※太字はサブテン サブテン回数:5回 ★自己記録
DNF:途中棄権 DNS:欠場 DSQ:失格

日付 記録 マラソン大会名 順位 適用
2016/03/06 びわ湖毎日マラソン DNF  
2017/02/26 2:09:27 東京マラソン 11位  
2017/09/24 2:09:03 ベルリンマラソン 6位  
2018/02/25 2:06:11 東京マラソン 2位 日本最高記録(当時)
2018/12/02 2:10:25 福岡国際マラソン 4位  
2019/07/07 2:07:50 ゴールドコーストマラソン 優勝 大会記録
2019/09/15 2:16:09 MGC 14位  
2020/03/01 2:07:39 東京マラソン 16位  

2017年02月26日東京マラソン(実質初マラソン)

日本人選手用に1㎞3分のペースのペースメーカーが設定されていた。
日本人トップグループは、このペースメーカーについている。

設楽悠太も初めはついていたが10㎞すぎるころから飛び出していった。

このまま日本人トップを走り続け25㎞付近では、井上大仁ら第二グループとは1分30秒も差をつけた。

しかし、その後ペースが徐々に落ちて行き38㎞付近で井上大仁に抜かれる。

その後も、次々と抜かれサブテンを達成したものの11位に終わってしまった。


 

2018年02月25日 東京マラソン 日本最高記録

ペースメーカーの設定は3つ。
1つは世界記録がでる1㎞2分54~55秒、2時間2分22秒から2時間3分4秒のペース。
2つ目は日本記録が出る2分58秒、2時間5分11秒のペース。
3つ目は1㎞3分、2時間5分35秒のペース。

井上大仁は、世界記録が狙えるトップグループについていった。
設楽悠太は日本記録が狙える2つ目のペースに着いた。

トップグループのペースは、安定せずに設定より遅めになり12㎞付近で第二グループと合わさり第一グループ一塊になった。
第一グループに入っている日本人選手は、井上大仁、設楽悠太、市田孝の3人

キプサングは、15㎞付近から遅れだし

市田孝は20㎞前から徐々に遅れだした。

設楽悠太と井上大仁は31㎞付近まではトップグループについていた・
31㎞すぎ設楽悠太が少しづつ遅れだした。

34㎞付近からアフリカ勢3人がペース上げ井上大仁も遅れだす。
井上大仁と設楽悠太の差は7秒ほど。

35㎞付近では5秒差につめ、38㎞すぎで井上大仁を捕え抜いていった。

設楽悠太は、その後落ちてきた3位、2位の選手を抜き日本新記録を出して2位でゴールした。

 


スポンサードリンク



 

-サブテン, マラソン選手, 現役選手

Copyright© マラソン大会や日程などの情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.